「40周年の歳月に振り返る青年会と私‼」         ~埼玉県麺業青年会40周年記念~

      2019/06/13

埼玉県麺業青年会に感謝を込めて‼‼
「40周年の歳月に振り返る青年会と私」
~埼玉県麺業青年会40周年記念~

〇30歳を目前に断り続けていた越谷蕎麦商組合青年会に顔を出す事に成った。19歳の頃から越谷商工会青年部に所属しチョコチョコ団体活動はしていたが、同業者の集まりって言うのは、親父が出ていれば私は関係無い、チョット遠慮した感じでした。まあ出て見ればそこは商工会青年部の集まりと変わり無く、先輩がいて同年代がいて、周りの皆さんのおかげで直ぐに溶け込めた感がする。上は50歳近くから40歳代が多く、世代感覚がいまいち的な気がしていたが、同年代も2・3人居て会合に出席する事が自然と楽しく成りました。

〇埼玉県麺業青年会の【手打ち蕎麦・うどん技術研修講座】に、県青会長を降りたばかりのS田先輩に連れられて参加しました。まだ組合とか青年会とか組織自体が理解出来てない時でしたが、毎回、越谷支部の先輩達の車に乗せて頂き、車中世間話などをしながら河野製作所まで通ったのと、講習では蕨支部のK原(父)さん・O石さん・H坂さんの4人の班で楽しく手打ちそばの作業を受講した事を思い出します。

〇越谷麺業青年会では、最大人数23人が所属した時期でも有りました。それと同時に団塊世代が50歳を超え引退する時期でも有りました。毎年毎年卒業する人が出て、その反面、入る人は皆無。10人を切った頃に副会長をやらせて頂き、新入会員獲得の為、若い世代が居る店舗に回らせて頂いたのを強く記憶しています。結果は一人も入会して頂く事は出来ず無力感と遣る瀬無さに苛まれました。

〇越谷麺業青年会の解散は突然に・・・越谷麺業青年会では、副会長・会長とやらせて頂きました。M田会長の独断専行型執行には、古参会員との軋轢に悩まされ最終的には二代目・若手の集まりを選び、会員5人の出発を目指しましたがM田会長の逝去に寄り、完全に二代目だけの青年会に成り越谷会長に就きました。会員6人での青年会は和気あいあいと勉強会や飲み会の事業をこなし5年目を迎えましたが、一人の廃業に寄り一気に隠れていた問題が噴出し越谷麺業青年会の解散を決断しました。
seinenkai

〇県青執行部入り、越谷の会長を引き受けるとともに県青副会長にも就きました。鈴木会長一期目から五期目までの10年間、良い経験をさせて頂きました。30周年の時には30周年記念誌作成委員長に就任し、実物の記念誌とともにホームページタイプの記念誌も併せて作成させて頂きました。
【【埼玉県麺業青年会30周年WEB記念誌】】

〇業務部長時代には、いきなりの共同購入の事業。パソコンを始めたばかりで申込用紙の作成、各支部への配布、80件近い注文、100万円を超す集金・支払い。重責を身を持って経験させて頂きました。4年の間に段取りを覚え咀嚼しチャートにして次に事業部長に引き継げた事が何よりです。【あゆみの箱】の事業では、箱の設置の要請や、あゆみの箱事業の説明、あゆみの箱関係芸人の手配。あゆみの箱礼状作成は、毎年毎年武州印刷に依頼して居た物を止めて年号と金額を抜いた文章の礼状を800枚印刷しました。はがきサイズ礼状作成とパソコンによる年号と金額の印刷それと並行して背景画像入りの礼状も作成しました。イロイロと考え付いた事を理事会に議題上げして了承して頂き執行出来た事は、良い経験に成りました。

ayuminohakofile0001

〇総務部長時代は、毎月の定例理事会のレジュメ作り。欠席しない・遅刻しないを心掛け、6年間やらせて頂いた事は、大きな宝物に成りました。会員名簿・常任理事連絡網・四役会・河野製作所利用許可書。【彩麺「そばの実」通信】の配信においては、執行部が毎月集まって会合で話っているにもかかわらず、会員の皆さんに情報が届きにくい感じが有りましたので、なるべく詳しく理事会のお知らせや報告を、メールで細かく伝えるように配慮しました。東北大震災の炊き出しは、正直総務部長的に無理感を持ちましたが、会長の熱意・青年会員全員の皆さんのベクトルが一致し実行まで行けたのでしょうか・・・岩手県大槌町への二泊三日の炊き出し。計800食。
今も、「ダメなんじゃねぇ?」って感じた自分が恥ずかしいです。
dscn6829sdscn6831
dscn6855dscn6862

〇IT部立ち上げは、会議に会議を重ねた末に2年の月日を費やし、日の目を見ました。部を立ち上げると言う難産を経験出来て良かったです。数を重ねたIT部の勉強会では、青年会員以外の方も数多く出席して下さり、多くの交流を持てた事は良かったですね。東京のT中さん・群馬のT柳さんと遠方からも参加して頂きました。初期のホームページ作成、その後の30周年記念ホームページ、彩麺SNSも3か所を渡り歩き皆さんの大変なご協力を頂きました。感謝・感謝です。
dscn843966311_439171229483085_1049853667_n

〇会長就任は意外でしたが、2年間全力で走り切りました。一年目の6回の勉強会は執行部の皆さんのご協力おかげです。二年目で全麺青連研修会埼玉大会を開催出来た事は、良い思い出です。皆さんのご協力のお蔭です。あらためて「ありがとうございます」
p1000676p1000675
1385458_602167889850084_839661835_n

〇彩麺WEBサイト作成委員会は、立ち上がったばかりですが「共同ブログ」【彩の国そば日和・そば屋さん達の蕎麦ブログ】「そば好きのために、そば屋が綴る。とことんそばを追求するブログです」を立ち上げ、若い人達が頑張っています。是非、応援して下さい(^^♪
cimg0143

【埼玉麺業組合公式サイト: 彩の国そば日和】ホームページもよろしくお願いします。

〇これからの青年会の益々の発展を願いつつ、老兵の居場所探しをしているような自分です。
諸先輩の方々のお陰・その時代を駆け抜けた執行部の熱き想いの上に現在の青年会があるのかなと書きながら考えを巡らせています。過去に感謝・現在に感謝・未来に感謝。これからも時代を担う若い人々の熱き魂と情熱に期待しています。

40年の月日に感謝‼‼
埼玉県麺業青年会をこよなく愛す老体より

ーーーーー昭和51年3月24日 埼玉県麺業青年会発会式ーーーー
初代会長 松本栄治氏
rijityou1

この記事を書いた人

岡田 博義
埼玉県越谷市で50年、親子二代で営業中。
お店のFBページはこちら
高校を卒業後「大阪 あべの 辻調理師専門学校」へ
調理師免許取得後、「朝日屋食堂」に就く。

30歳を目前に越谷蕎麦商組合青年会に入会。
その年の埼玉県麺業組合主催の【手打ち蕎麦・うどん技術講座】に参加。
これを機に、埼玉県麺業青年会の活動にも精力的に参加。
5期10年の副会長を経験し、第8代埼玉県麺業青年会会長を務めた。

お店のブログも更新中!!!
【そば うどん 朝日屋(二代目朝日屋三郎)】
そば うどん 朝日屋

 - ライター自己紹介